原口回転レシーブもみじちゃんの衝撃ルーム

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ADブギ
2.クラッシュギア
3.ジャズ
4.清春
5.日野自動車
6.アマツマガツチ
7.スラッシュ
8.ドレミファ・どーなっつ
9.吊り橋
10.鈴木隆行

絶対安全剃刀―高野文子作品集 歴史的な傑作で読むべき漫画として紹介していただいた本なのですが・・・

凄いですね。特に『田辺のつる』には驚きました。
最初は何だかわからなかったのですが
おばあさんの目線の世界の描写であるとわかった時には
ゾクッときました。

今の商業誌ではありえないような作品だと思いましたが
こうした感覚はこれからの漫画家にも受け継がれるべきですね。

正に歴史的一作でした。

ニルスのふしぎな旅〈4〉[全訳版] (偕成社文庫) 「親指くん」ニルスの旅も、これが最終巻。スウェーデンの風土を伝説や民話を交えて描いていくのはこれまでどおりだが、今回は作者本人と思われる人物も登場する。話の中に何度か登場した、ガチョウ番のオーサの弟マッツの死など、ちょっと悲しい場面もあって、涙ものの最終巻なのだ。

なによりも最後に人間に戻ったニルスが、もはや鳥や動物の言葉を理解できなくなり、ただ黙ってアッカや他の仲良しのガンたちと別れる場面は、本当に涙が出た。鳥の悲しみなど、そう長くは続かないと知っているニルスが、まだガンたちが悲しみの声をあげているうちに去っていくところなど、心憎いばかり。

ガンのアッカ、ワタリガラスのバタキ、ワシのゴルゴ・・・全編を通して、彼らの言葉は、ニルスを大きく成長てきた。特にアッカの言葉は、自然を大事にしなくてはいけないとか、人のことを考えて行動しなければならないなどという、大切なメッセージがたくさん含まれている。

どんなに悪い子でも、親は子どもを愛しているのだということも書かれている。ニルスが戻ったときの両親の喜びよう、それまでの心痛、そういったことも痛いほどわかる。そしてニルスが本当によい子になり、素晴らしい人間になったことが、なにより喜ばしい。


キッズ・ウォースペシャル~これでファイナル!ざけんなよ~ [DVD] 翼、まぢい印すけど・・・・,茜とまぢまぢお・に・あ・い。。。。。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!